事なかれ主義

あらゆる組織が、事なかれ主義の誘惑にさらされる。
だが、組織の健全さとは、高度の基準の要求である。
自己管理目標が必要とされるのも、高度の基準が必要だからである。

成果とは何かを理解しなければならない。
成果とは百発百中のことではない。
百発百中は曲芸である。
成果とは長期のものである。
すなわち、間違いや失敗をしないものを信用してはならないということである。
それは、見せ掛けか、無難なこと、くだらないことにしか手をつけない者である。

成果とは打率である。
弱みがないことを評価してはならない。
そのようなことでは、意欲を失わせ、士気を損なう。
人は優れているほど多くの間違いをおかす。
優れているほど新しいことを試みる。
[PR]
by shokunin_nin | 2010-12-02 00:47 | 仕事 | Comments(0)
<< ドラッガーのマネジメントのエッ... 専門家とマネジャー >>