ゆとりの効用

ストレスを減らし、貴重なゆとりを取り戻すことには、次のような効果がある。

・組織が敏速になる。
・「人的資本」ともいうべき重要な人材を維持できる。
・未来に投資できるようになる。
・リスク回避ではなく、懸命なリスク選択ができるようになる。

「ゆとり」とは変化を実現するために必要な自由度のこと。
ゆとりと効率とは相いれないもの。
組織の効率を高めることをすると、後で変更や再生ができなくなることがある。

あらゆる変化の源になるそのものとは、ゆとりである。
ゆとりの時間帯に再生は起きる。
ゆとりとは、会社の業務に終われて余裕のない時間以外の時間である。
ゆとりとは、全く忙しくない時間のこと。
組織が効果的に機能し、成長するには、あらゆる階層にゆとりが必要である。
ゆとりは変化の潤滑油。
良い企業は、ゆとりを有意義に使う能力に優れている。
悪い企業は、ゆとりを排除することばかりにこだわりがちである。
[PR]
by shokunin_nin | 2010-12-14 00:42 | 仕事 | Comments(0)
<< ゆとりと仕事のスピード 中間管理職 >>