子育てコーチング

コーチング
1.まずじっくり観察する

2.問題点をはっきりさせる。
  問題の本質を探る。
  人は何かに反応してしまうもの。
  何に反応しているかを知っておくことが大事。
  それを意識することで、反応をコントロールできるようになる。

3.何ができるか考える
  過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる。
  変えられないことをあれこれ思い悩んで無駄なエネルギーを使うより、自分に変えられること、できることを考えて、そこへエネルギーを注ぐ。

4.とにかく行動してみる


●繰り返し
人間、わかっていることと、できることは違う。
人間、一度できたからといって、ずっとできるとは限らない。
継続は力なり。
エビングハウスの忘却曲線:人の頭は3日たてば忘れるようにできている。

●リフレイン
子供が何かを訴えかけてきたら、まずその気持ちを受け止める。
言葉をリフレインする(繰り返す)と効果的。
必ずしも言葉は必要ない。
時には言葉がなくても、子供を受け止めることはできる。
抱っこだけでも。

●私メッセージ
主語が「あなた」になっているのが「あなたメッセージ」。
「私メッセージ」は「私」が主語。
「私」を主語にしてメッセージすると伝わる。

●最終的な「代案」は子供の口から言わせる
人から言われた代案はなかなか呑めないけど、自分から言った代案は、それで納得する。
ダダを力づくで押さえつけようとするとかえって激化する。
まずは子供の気持ちを受け止めることが大事。
子供の言い分にあまりこだわらない。
言葉を理解して、理詰めで説得しようとしてもダメ。
譲れないところは譲らない。
代案は本人の口から言わせる。
本人の自覚と責任を意識させる。

●顔を見て、目を見てしっかり話を聞く。
子供の行動の裏側にあるもの、反応の源になっているものを、意識して探す。

●「承認」子供の気持ちをしっかり受け止める
まず受け止める。よく見て、よく聞いて、気持ちを分かってあげて、それを「わかっているよ」と伝える。
「しっかり聞いているよ」ということをどれだけ相手に伝えられるか。

●相手の立場で考えてみる
自分が子供の時はどうだったか。

●「質問」問いかけて答えを引き出す
「どうして?」「なぜ?」ではなく、「どうしたら、なに」を使う。
相手を批判したり、否定したりするのではなく、相手が悪いという前提をはずして、対等な立場で一緒に原因を探そうとする姿勢が大事。
時間をかけてゆっくりと聞く。
質問していくことで、問題を小さくして、行動に移しやすくしてあげる。
子供が行動に移せないでいるのは、やりたくないのか、それともわからないのか、そこを見極める。

●自立するためには、その前にしっかりと依存することが大事。しっかりと”子供”してこそ、大人になることができる
幼児期にはまず基本的信頼をはぐくむことが必要。
その課題をクリアして初めて、人は次の段階へと進むことができる。

●親がハッピーなら子供もハッピー

●自分の感情を認める
マイナスの感情は、認められることで小さくなる。
否定されることで大きくなる。
感情と少し距離を置いて自分を客観的に見つめる。
[PR]
by shokunin_nin | 2011-04-30 19:51 | 家族 | Comments(0)
<< 2歳1ヶ月 ホクロ >>