震災後の家探し5つの新常識

1.何よりも耐震力を重視
←住宅の耐震強度に対する感度がより高まる。

2.マンションは高層よりも低層
←高層階の揺れ、停電時にエレベーターが使用できないことに不安を覚える。

3.湾岸の埋立地より台地
←液状化、津波の現実を目の当たりにし、湾岸の埋立地の不安が増幅。
 地盤をより重視。

4.オール電化は様子見
←停電により、電気にすべてを依存することのもろさを認識。
 電気一極集中を避ける。

5.職場から歩いて帰れる場所に
←帰宅難民の辛さを実感。
 電車が運行不能になっても、職場からなんとか歩いて帰れる場所に住みたい。
[PR]
by shokunin_nin | 2012-09-13 22:29 | 資産運用 | Comments(0)
<< 自然のサルにボスはいない 2012/09/08 早実 v... >>