子供に問いかけ、しっかり耳を傾けよう

大人は子供を伸ばそうと意気込むあまり、彼らの意見を聞く前に、こう思う、こうするべきだとあれこれ言ってしまいがち。
おそらくそのせいで、子供が自分で能力を開発したり、自信をつけたりするのを妨げてしまっている。

コーチングでは、相手に責任感を持たせるような質問で、自ら目標に向かって行動するように促す。
大人の問いかけによって、子供に今以上の自覚と責任感が生まれれば、結果として子供がもっと自分の力を信じるようになる。
自分の力が信じられなかったり、勇気がなかったり、疑いや恐怖心があると、せっかくの可能性が抑えられてしまう。

子供の行動に口を挟みたいという気持ちを抑え、まず問いかけることで、子供の心に大きな変化が生まれる。
たとえば、

・聞いてもらっている、評価されていると感じて、心が満たされ、自立心を持つ。
・より深く自分を理解し、責任感を持ち、自分の力を信じる心が生まれる。
・目の前の問題に集中して取り組むことで、時間の使い方が上手になり、物覚えや上達が早くなる。
・問題解決能力が飛躍的に高まる。


さらには、こんな利点もある。

・子供との間に、質の高い関係を築くことができる。
・心を開き、アイデアや夢やきもちを分かち合うことで、お互いの信頼感が高まる。



「コーティングで子供が伸びる!」 デーヴィッド・ヘメリー著 大槻敦子訳
[PR]
by shokunin_nin | 2013-06-26 22:07 | 家族 | Comments(0)
<< 子供の気持ちをちゃんと受け止め... 反発を招かない叱り方 >>