子供の気持ちをちゃんと受け止めているか

すべてを傾けて聞く

「聞く」ということはあまり大切にされない傾向があるが、人にしっかりと注意を向けて聞くことで、いろいろなことができる。
たとえば、「あなたのことを尊重しているよ」と伝えられる。
話し手が何を言いたいのかをはっきりさせることも、相手の意見を確認することもできる。

「いつも聞いてくれないんだから!」とこどもにせめられたことはないか?
子供が話すことの表面的な内容ではなく、子供のうちにある本当の気持ちを上手に聞いてやることができているか。
耳に入ってきたことと彼らの伝えたいことが一致しているかを子供に尋ねてみて、ちゃんとわかってやれているかを確認する。

こんなふうに言ってみる。
「きみは~とおもっているんだね」


子供の目を見ながら話す。

子供が訴える様々な質問や意見、不満や欲求にいつも心を傾けたり、答えたりするためには、忍耐とエネルギーが必要。
「いつも」というのは簡単なことではないが、話を聞いて、「わかっているよ」と伝えてやることで、子供の心は満たされる。
大切なのは、目と目を合わせること。
そうすれば、子供は親が自分に注意を向けてくれていると感じることができる。


まずは気持ちを受け止める

多くの大人にとって、時間は重要な問題。
忙しい時でも、まずは子供の気持ちを受け止め、子供の関心ごとを認める。
そのうえで、「今は時間がない」という親の事情や制約をきちんと伝える。


子供が話すまで待つ

子供の代わりに話すことが、その子の発達や、自尊心、地震、独立心をはぐくむうえで役に立つか?
子供が自分で考えて発言するまでに沈黙があっても、平然としていられるようにならなければならない。


共感を示す

子供が痛がっているのに、親が子供のことをちっとも心配していないように見えてしまうことがある。
強くなれ、しっかりしろと励まそうとするあまり、実際に子供がどうなっているのかを無視してしまう。
親が共感を示すだけで、子供の痛みはある程度和らぐもの。


ゆとりを大切にする

自制心を失っても何にもならない。
子供とは一線を画する必要がある。
例えば子供が興奮して何かを訴えてきたとき、同じように声を張り上げて対立するより、落ち着いてはっきりと静かに、そしてきっぱりと「あとでね」「いけません」という方がたいていはうまくいく。
なぜなら、子供がきちんと聞いたり、まともに話し合ったりできる状態ではないかもしれないから。
ストレスがたまっていて、しかも時間的な余裕がない時、追い打ちをかけるように子供から何かを求められると、気持ちの上では文句を言われたように感じてしまう。
子供に時間のゆとりを与えながら、一方で大人にとってもひとりの時間が大切なのだと理解させることは、親にも子供にも必要なことであり、健全なこと。



「コーティングで子供が伸びる!」 デーヴィッド・ヘメリー著 大槻敦子訳
[PR]
by shokunin_nin | 2013-07-02 00:00 | 家族 | Comments(0)
<< 2013/07/03 上古田v... 子供に問いかけ、しっかり耳を傾けよう >>