ハーバードの図書館の20の教訓

ハーバードの図書館には20の教訓があり、学生達は日々これを意識して学生生活を過ごす。

今の自分の努力などまだまだ足りない。そしてその努力を楽しむ思考回路を手に入れなければ世の中に価値のある人材になどなれない。待っていても何も訪れない。
願っていても何も訪れない。
行動に移さなければ待っているのは、世の中にとって価値のない人材、ただそれだけである。

1.今居眠りすれば、あなたは夢をみる。今学習すれば、あなたは夢が叶う。
2.あなたが無駄にした今日はどれだけの人が願っても叶わなかった未来である。
3.勉強に励む苦しさは今だけであり、勉強しなかった苦しさは一生続く。
4.明日やるのではなく今日やろう。
5.時間は絶えず去りつつある。
6.学習は時間がないからできないものではなく、努力が欠くからできないものである。
7.幸福には順位はないが、成功には順位がある。 
8.学習は人生の全てではないが、人生の一部として続くものである。
9.学習する事が人生の全てとは言わないが、学習すらできぬものに何ができるのであろうか。
10.人より早く起き、人より努力して、初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる。
11.怠惰な人が成功する事は決してない、真に成功を収める者は徹底した自己管理と忍耐力が必須である。
12.時間が過ぎるのはとてもはやい。
13.今の涎は将来の涙となる。
14.犬の様に学び、紳士の様に遊べ。 
15.今日歩けば、明日は走るしかない。
16.一番現実的な人は、自分の未来に投資する。
17.教育の優劣が収入の優劣 。
18.過ぎ去った今日は二度と帰ってこない。
19.今この瞬間も相手は読書をして力を身につけている。 
20.努力無しに結果無し。
[PR]
by shokunin_nin | 2013-10-15 23:49 | 家族 | Comments(0)
<< 愛情 どんな形で表現するか 子どもの才能を最大限に伸ばすために >>