<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

熱性けいれん

【熱性けいれんとは】
子供のけいれん(ひきつけ)のもっともありふれた原因の1つで、生後6カ月~5歳ごろまでに起こる38℃以上の発熱に伴った全身のけいれん。
けいれんがすぐに治ってしまうようであれば身体に対する影響はほとんどなく、後遺症を残す恐れもない。
乳幼児の10人~20人に1人は熱性けいれんを経験するといわれている。


【症状】
①発熱(熱が上がる時に起こしやすい)
②けいれんを起こす
 全身が突っ張り、がくがくと大きな震えがあり、呼びかけに対して反応がない。
 白目をむく、左右どちらかをにらむ
③吐くことがある

けいれんの時間は5分以内が多い。
10分以内には、90%のけいれんは消失する


【けいれんを起こしたら】
①まずは、深呼吸をして落ち着き、けいれんの状態を見る。
 (発作の時間)、(けいれんの状況)は医師の診療の参考になる。
②けいれんで舌をかむ心配はほとんどない。
 強引に口の中に指やガーゼを入れない。
③食事中では来そうなときは、のどに食べ物が詰らないように体の向きを変える。
 (口の中に食べ物があるときは、指で書きだす)
④呼吸が楽にできるように衣服を緩める。
⑤けいれんが起こった際は、周囲のおもちゃなど危険なものは除く
⑥けいれんが起こった際は、音や光に敏感になり、余計にけいれんを長引かせる原因になるため、静かな環境にし、刺激を避ける。
⑦けいれんが5分を越えたら救急車を呼ぶ。


【予防法】
乳幼児期(生後6カ月から4~5歳まで)には、発熱時にけいれんを起こすことがたびたびある。

熱性けいれんが起こりやすい子供には、発熱時に抗けいれん薬(ジアゼパム坐剤)を使用するのが良い。
この方法により、熱性けいれんを予防することが可能。

熱性けいれんは体温が急激に上昇するときにおこりやすいので、37.5℃前後の発熱に気づいたときには、できるだけ速やかにあらかじめ処方されている坐剤を1個肛門内に深めに挿入する。
そして、38℃以上の発熱が続く場合には、8時間後にもう一度だけ坐剤を挿入する。
2回目挿入後は、さらに発熱が持続しても、原則としてそれ以上坐剤を使用する必要はない。
ジアゼパム坐剤の効果は長時間持続する。

坐剤を使用した際は、挿入後30分間は坐薬が肛門から漏れていないことを確認する。

ジアゼパム坐剤に解熱薬坐剤を併用する場合には、30分以上間隔をあける。
両坐剤を同時に使用すると、ジアゼパムの初期の吸収が阻害される可能性がある。

一時的に多少の眠気、ふらつきが出現したり、時には興奮状態になることがあるが、他には問題となるような副作用はない。

医師の説明をよく聞いて、上記の方法により熱性けいれんの予防に努める。
この方法により、発熱初期の挿入のタイミングさえ逸しなければ、ほとんどの場合熱性けいれんを予防できる。
[PR]
by shokunin_nin | 2012-08-30 21:44 | 家族 | Comments(0)

2012/08/23 上古田 vs. 南大塩A

平成24年度 上古田早起き野球 7戦目(4勝1敗2引分)

上古田  001 0 | 1
南大塩A 100 0 | 1

個人成績:(中)中飛、ニゴロ
[PR]
by shokunin_nin | 2012-08-23 06:51 | 野球・ソフト | Comments(0)

子供ができるようになる教え方

子供ができるようになる教え方
(モンテッソーリ教育ではこれを提示という)

1.対象を1つだけ取り出す
日常生活の中から、子供に教えたい1つの行為だけを取り出す。
子の行為だけに注意を向けさせるためにも、他のものはなるべく、すべて子供の周りあら片づけるのが良い。

2.動作を分析し、順序立てる
その動作を分析して、各部分ごとにどうなっているかを、はっきり見せながら、各部分の動作を、正確に、ゆっくり、順を追って実行する。

3.難しいところをはっきりさせる
大人自身が何度もやってみて、難しいところを確認するか、あるいは、子供が必ず行き詰るところを見極めて、そこを特に丁寧に分析し、正確に、はっきり、ゆっくり、繰り返し、見せる。

4.動作を見せる間は、言葉を使わない
黙って、やって見せる。
一連の動作を、分析し、順序立てて、やって見せている間、言葉による説明を伴わせないように心掛ける。

5.正確に実行し、精密なところに心を込める
子供は、自分の行為を完成したいという強い望みを持っているので、正確に実行することと、精密なところまで、丁寧にすることは、行為を完成する条件として子供の心を強くひきつける。

6.教えながら、教える
子供の間違いを訂正しながら教えてはいけないという意味。
大人は、自分が見せた通りに子供がしないのを見ると、とっさに手を出して訂正したり、責めたりするものだが、この反射的な大人の訂正に出会うと、子供の心は委縮する。
子供がひとたび自分の殻に閉じこもってしまうと、もうどんなに教えても受け入れない。
だから、あくまでも、教えて、教えて、繰り返し教えることが大事。

7.自分からする自由を与える
大人は、自分がして見せたことを子供がすぐに、あるいは、必ず実行することを期待するが、やり方を教えた後、それを実行することは子供の自由に任せる。
子供が日常生活の中でやってみようと自分で取りかかる時こそ、教えてもらったことを思い出し、見た通りに自分で考えて実行するから。
自由に自分で考えて実行したとき初めて、その行為は自分のものとなる。
[PR]
by shokunin_nin | 2012-08-21 21:53 | 家族 | Comments(0)

2012/08/15 青少年自然の森

近所のご一家と茅野市青少年自然の森に行きました。
(家から車で15分くらいのところ)

宿泊施設は15畳4部屋もある施設に7人でぜいたくに泊まりました。
大人200円です。
テントならタダ。

アスレッチックで遊んでいたら、土砂降りの雨。
天気には恵まれませんでした。

薪で火をおこして、飯盒炊飯とカレー。
中学校以来です。
ウッドデッキで夕食を食べました。
飯盒はパサパサでしたが、久しぶりにしては良かったです。
今回はキャンプの練習ということで、次回本番は頑張ります。

夕食後は花火。
遠くで諏訪湖花火の音が聞こえるなか、こじんまりと楽しみました。

風呂は近くの縄文の湯へ。

夜は窓を開けて寝ると肌寒いくらい。
気持ち良く寝られました。

朝はみんなでラジオ体操。

広い宿をみんなで掃除して、帰りました。
[PR]
by shokunin_nin | 2012-08-16 13:51 | 旅行 | Comments(0)

おけいこごと

なんのためにおけいこごとをさせるのか?
そのおけいこごとをして、その子が将来良かったと思えるかどうか?
そのおけいこごとをすることで、どんな大人になってほしいと自分は考えているのか?

と親は自問自答し続けることが必要。


何のためにおけいこごとをさせるかと言ったら、集中して一つのことをする喜びを知るため。
その意味ではおけいこごとは何でもいい。
子供は、どんなことでもいいから、深く感じて自己没入できる体験を持つことが大事。
何かを体験し、体験したことで、自分が成長できること、それが大切。
そういう体験があれば、その子は自信を持てる。
[PR]
by shokunin_nin | 2012-08-12 06:11 | 家族 | Comments(0)

子育ての鍵

子供の向上心を育てるには?
できなかったことではなく、できたことから話し始め、それを思いっきり膨らませる。
批判は無用。
子供の成長能力を信じ、あせらない。
その子の成長ステップを発見し、それに満足感を表明する。

子供の能力を高める特効薬は?
目を皿にして子供の長所を発見し、それを子供にはっきり告げる。
決して否定的な言葉を使わない。

子供に集中力をつけるには?
子供に安心感を与える。
テストの成績を善悪の基準で判断して子供を糾弾しないこと。

子供との不和を解消するには?
親としてではなく、人間として生きること。
そしてわが子を自分と同じレベルの人間として扱うこと。

良い親になるには?
トラブルに遭遇しても、それを決して感情問題にすり替えないこと。
欠点も長所も理性的にあるがままの姿を、まず受け入れる。

子供の発奮を促すには?
親が家庭の中で演じる刑事と裁判官の役割は有害なだけ。
子供の失敗を許す。

子供のやる気、自立性を育てるには?
自分で目標とプランを立てるように助ける。
それを家庭の中で公認する。
目標が達成できなくても、たびたび変更しても、避難しない。

子供の自立性を育てるには?
我が子を他人と心得る。
線を引き、一定の距離を保つ。
大人扱いする。
子供の人生は本人に任せる。
子供を人生の相談相手にする。
大切に扱う。

頭がいい子にするには?
「頭がいい」と毎日子供にいい、また子供に言わせて暗示を与える。
頭がいいと思っていることもは、失敗してもそれをばねに飛躍する。

子供の知能を伸ばすには?
何も知らない振りして、子供からいろいろ教えてもらう。
それがいかに役に立ったか、感謝をこめて子供に伝える。

強い子供にするためには?
「あなたは強い子だ。勇気がある」と言い続けて、自分は強いという暗示を与える。

のびのびした子供にするには?
むやみにわが子をおいたてないこと。
子供が話しかけてきたときは真剣に聞いてあげる。
「お客様や先生の前、教室ではお行儀よくちゃんとやりなさい。その他は自由にやりなさい」と告げ、その通り見守ってあげる。
[PR]
by shokunin_nin | 2012-08-08 07:26 | 家族 | Comments(0)

野球 ライトの仕事(草野球レベル)

守備位置
一塁ベースと二塁ベースの中間より後方セカンドの位置よりもややファースト寄りで守る。
右打者の時の守りは定位置よりやや前で、ライン際よりセンター寄り(右中間寄り)に守るのが一般的。
左打者の場合は、やや深め、右打者とは反対にライン際に寄る感じ。
ピッチャーの配球によって変えるのがベター。
インコースの場合はラインに寄ったり、アウトコースの場合は、右中間方向に寄る、とか。
長打の可能性が低いバッターのときや二塁にランナーがいて進塁を防ぎたいときなどは、この位置よりも前で守る。


守備

心構え
外野手の後ろはだれも守っていないので後方へそらすことだけは防がなければならない。
よってダイビングキャッチなどのプレーは極力防いで、無理なプレーはしないように。
また、各外野手と譲り合いや衝突を防ぐように声を掛け合う。

外野手の構えとスタート
外野手はいずれの方向にも素早く、スタートできるように体重は両足の親指のつけ根に均等にかけ、リラックスして前傾姿勢で構える。
外野手もスタートをいかにスムースにきれるかどうかで決まる。
右の打球に対しては左足が、左の打球に対しては右足がクロスしてスタートの一歩目が切れるようにする。
外野手の場合、前後の守備が一番難しい。
打者のバットの振りと打球音で瞬時に飛距離を判断できるようにする。
打球から目を離さないで、打った瞬間素早く最終落下地点に最短距離を走る。
外野フライの捕球はボールが落ちてくる落下点に素早く入ることが大切。
ボールを真下に見なくてはならないような落下点に入ってはいけない。
ボールが落ちてきた時に一歩前に出て捕球できる位置に素早く入ることが外野フライを上手に捕るコツ。

捕球
捕球する位置はクラブ側の肩の延長線上、つまりに右投げなら左肩の前にクラブを差し出して捕る。
顔の前だとボールを見失う。また、グローブを早く出しすぎると、ボールが見えずらいだけでなく、フットワークが止まってしまうので、ボールが落ちてきたタイミングに合わせてグローブが出す。
フライの捕球時に両足を揃えない。両足を揃えてしまうと、ボールが風に流されたような場合に足がついていかない。右投げでしたら左足を1歩前に出すか右足を1歩引いてボールを捕る。
これは次に送球動作にも移りやすく捕球後に後ろの右足を送球方向に直角に向けてステップできるから。

外野ゴロへの対応
外野へのゴロは身体全体を使って捕球する。利き足の膝を地面につけて腰を落として両手でキャッチする。
合によってはランナーを進めないように片手キャッチする場合もある。

低いライナーの処理
ライナーは伸びてくる打球と、ラインドライブがかかって落ちてくる打球がある。
これはバッターの打ち方によるもので、上からカット気味に打つと打球は伸び、下からアッパーカット気味に打つとラインドライブがかかる。
バッターの特長を把握し、事前に打球の性質を予測しておかなければならない。
前方の低いライナーをダイレクトに捕球するかワンバウンドで処理するかは瞬時に判断しなければならない。

練習と実戦での経験が一番のキーポイントだが、イニング、得点差などから前もってどう守るか決めておくことが大切。
思いきり突っ込んで手を伸ばしながら頭から捕りにいくダイビング・キャッチにするのか、足から滑りながら捕りにいくスライディング・キャッチにするのか、これも瞬時の判断。
捕球すると決めたらちゅうちょせず勇気をもってプレイすること。
滑りこんで足元で捕るスライディング・キャッチは、きき足を折りたたんでたたんだ足の前で捕球する。

フェンス際の守り方
大飛球をフェンスぎりぎりで捕球する場合は、フェンスまで全力で背走し、グラブをはめていない側の手のひらをフェンスにかけて半身の捕球体勢をとりジャンプして捕球する。

クッションボールの処理
フェンスに当たって跳ね返る打球は、角度を見極めてできるだけフェンスに接近し、半身の体勢で両手で捕球し同時に体をグラブ側に回転し、カットマンの胸の高さに正確に送球する。
クッションボールを判断ミスすると二塁打が三塁打やランニングホームランになってしまう。
打球を処理する外野手は一人にし、もう一人はクッションボールも頭にいれたバックアップ・プレーに重点を置く。


返球
外野手の送球の基本はオーバースローです。どの塁への送球も、ワンバウンドかダイレクトまたはカットマン経由にかかわらず、コントロールよく正確に強い球を投げる。
ランナーがいる時のフライの捕球体勢は、ボールの落下点の1mくらい手前でスタンバイし、前進しながら捕球しワンステップして素早く正確に送球する。
返球は、常にホームに近い走者の前の塁に放るのが基本。走者がいなければ、二塁手に返球。
その他はカットマンに返球するのが基本。
相手のバッターがバッターボックスに入る前にアウトカウントと自分にボールが飛んできたらどこに投げるかは想定して考えておくべき。
そして、パターンが多いようだったら味方の近く選手と確認しあう。中堅手と二塁手若しくは一塁手(ライトゴロも想定内です)と確認しあう。
ボールが飛んできて、間に合わないと思ったら無理な送球はしないこと。無理して暴投を投げて相手に無駄な進塁を許したら何もならない。

バックアップ
 内野
  ピッチャーゴロ、キャッチャーゴロ、サードゴロ、ショートゴロ、1塁牽制
   →一塁バックアップ
  ファーストゴロ、セカンドゴロ
   →ファーストバックアップ
  二塁送球時(ゲッツーなど)
   →二塁バックアップ

 外野
  センター正面から右中間方向に飛んだ打球は必ずセンターの後ろに回ってバックアップ。
  ランナーがいる場合はバックアップをしつつ、送球場所の指示をセンターに伝達する。
[PR]
by shokunin_nin | 2012-08-07 00:28 | 野球・ソフト | Comments(0)

子育て 行動指針

子供に対して、一人の独立した人間として対等に接する。
子供がやるべきこと、子供の責任分野は子供に任せて、口や手を出したりしない。

子供の考え、意志を尊重する。
子供が自分で選び、自分で決めたことは、親として気に入らなくても文句を言わない。
積極的にほめて、かなえてやる。

子供が自分からやり始めたことは、どんなに小さいことであっても、それを取り上げ、その出来栄えの良否を検査することなく、そのまま二百点をつけて「すごいね」「素晴らしいね」などと言ってオーバーに褒める。
決して不満足な部分を指摘したり「こうするのよ」と教えたりしない。
ただし、子供が質問してきた場合は、優しくわかるように説明し、忍耐強く教える。

子供の頭脳は自分が想像している以上によく無限の可能性を秘めていることを信じ、「頭がいい子だ」と子供にいつも言って暗示する。
自分言葉で、子供が素晴らしい自分に出会えるようにする。
テストの点数で一喜一憂しない。

子供自身で将来の夢、目的を持つように助ける。
子供自身が決めた目的を一緒に喜び、大事にする。
子供がたびたび目的を変えても、その都度ほめてやる。

子供がお手伝いをした場合、手抜きや不出来であっても、一切文句は言わない。
あらさがしをしない。そ
のお手伝いに対して、心から感謝の言葉を言う。

気分、感情でガミガミと命令、文句は言わない。
急がない、急かさない。
子供の過去の過ちや失敗を許し、水に流す。
それらを持ちだしてグチグチ文句を言わない。

子供が話しかけてきたとき、「後で・・・」「今はダメ」「忙しいの」という代りに、ちょっと手を休めて、子供の気持ちを聞く。

愛の言葉をあげる

機会があるごとに、子供の良い点をほめる。

子供に教えてもらい、子供から学ぶ。
それがいかに役立ったかを感謝をこめて子供に伝える。

子供の気持ちが安定するのは、両親の中の良い姿を見てこそだと確信し、夫婦で今までの誤解や相手の嫌な性格などを乗り越えて、自分から積極的に、徹底して仲良くなる。

子供が一緒にいて楽しいと思う、笑顔の優しい親でいる。

子供より先に笑顔で明るい声であいさつする。
ありがとうも忘れずに。

子供を良き相談相手にする。
子供の人生を支配する権力者であることをやめ、子供の良き相談相手になる。
[PR]
by shokunin_nin | 2012-08-06 13:26 | 家族 | Comments(0)

ガミガミ言わない

赤ちゃんがつたい歩きをすると、両親は手をたたいて喜ぶ。
壁から手を離して歩き始めると、もっと喜ぶ。
2、3歩歩いてドシンと尻もちをついた赤ちゃんを抱えあげて頬をすりよせ、「偉いわねぇ、○○ちゃん」と赤ちゃんのすべてを肯定する。
赤ちゃんは、親の歓喜に触れ、すっかり満足。
赤ちゃんはこのとき心の中に安心感と勇気を得る。
だから、この赤ちゃんは歩くことを確実に学習できた。

ガミガミ言う、否定的な言動をとる、こうしたことが親への信頼感と自分自身への安心感の両方を失ってしまう。
子供たちは、親から鋭く欠点を指摘される。
これでもかこれでもか、と。
親は子供の弱点をさらけ出し、目の前にそれを突き付けで、糾弾する。
だから、子供たちは自分の欠点について百も承知。
「きみにはできない」「あなたによいところはない」と他人から言われれば、子供に限らず人間は、何かをやろうという意欲をすべて失う。
「しっかり勉強しよう」「とちゅうであきらめることはやめよう」「約束を守ろう」という気迫をもたらしているのは、誇りや自信。
子供は親の言葉によって自分を認識する。
子供は親の言葉でつられる。
子供は親の言葉から愛を感じることができなるなると、恐怖や絶望にうちひしがれる。
子供は叱られたり、くさされたりすると愛の存在を疑い、恐怖を感じる。
親への不信は、子供の精神の安定感を甚だしく損なう。
だから教育にならない。
しかしほめられると、目を輝かせて前へ進もうとする。
親の言葉から愛を感じるから。
子供は少しずつ強くなろうとする。
そしてその助けを親に求める。
子供は親の言葉で自信を得て、成長していく。
親の役割は子供に自信を与えること。
親の務めは、子供のささやかな成功をほめること。
子供に集中力をつけさせるには安心感を与えること。
負けても価値にしてやるのが親。

長所を発見し、それを本人に告げる。
長所を本人に気づかせるとその長所が呼び水になって他の長所が目覚める。


子供に安心感を与え、
子供を一人前扱いし、
その子が仲間より一歩先んじたいという欲求をうまくリードしてやる。

アメも鞭も必要ない。
必要なのは、子供が自分の欲求を膨らませていくのを、目を細めてみているだけで良い。
[PR]
by shokunin_nin | 2012-08-04 19:13 | 家族 | Comments(0)

2012/08/01 上古田 vs. 南大塩B

平成24年度 上古田早起き野球 6戦目(4勝1敗1引分)

上古田  432 82 | 19
南大塩B 000 00 |  0

個人成績:代打(右)敵失、三振
[PR]
by shokunin_nin | 2012-08-01 10:44 | 野球・ソフト | Comments(0)